ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
  スポンサーサイト 
--/--.----:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  御心配お掛けしました 
09/26.Fri19:37
術後

短い期間でいろんな事があったここ数種間
チビクリンちゃんの入院があって
やっと終わったと思ったらプリンの異常が見つかり手術
開腹してみると肝臓とすい臓に心配な症状が
一時期は家族で涙涙の毎日でした

手術は無事終了し、術後の経過も順調
面会したプリンは嘘のように元気で驚かされました

実際大きな手術だったのですが
当初は脾臓に異常が見られ健康な今手術をして摘出した方が
いいのでは?との先生の判断で家族で相談した結果
思い切って摘出して頂こうという事になりました
しかし開腹してみると卵巣に膿が溜まっている事が解り
急遽卵巣も摘出となりました

私達家族にとって、勿論プリンにとってもこんな大きな手術は初めて
そして、こんなに長い間プリンと離れて過ごすのも初めて
全て不安からのスタートでした

寂しくて寂しくて不安でたまらない日々でした

面会が許可されてから毎日、お休みの日は朝と夕の2回
手作りの御飯を届けながらの面会でした

私達の心配をよそに帰りたい一心のプリンは
ともかく元気元気
「今日は帰れるの?帰りたい!」
と言っているかのようにドアの前に座ったまま動こうとしませんでした

私に何度も何度も吼えてアピールをしてきました
背を向けて帰る辛さはたまらないもので胸が締め付けられる思いでした

でも、不安と反してプリンの快復していく姿を見ていると
(もしかして?大丈夫なの?)と言う期待も沸いてきて
不思議な気持ちに包まれて明け方目が覚めると不安になり
お日様を見上げて空を見つめると希望が湧いてきて
気持ちのコントロールが大変でした


不安を抱えたまま5日後退院となりました
抜糸をしていないので写真のようにカラーを付けて過ごしています

最初は落ち着かず家中をウロウロあちこちにぶつかっては荒い呼吸を繰り返す
調子がいいのか?悪いのか?判断が付かない毎日

でも、そんな時ネット仲間の@こぶたちゃんに言われた
「笑顔が一番の薬だよ!」
の言葉を思い出し、
(そうね、笑顔、笑顔♪)
プリンに「大丈夫だからね!」と言いながら体をそっとなでてあげました
本当は自分で自分を慰めていたのかもしれません




そして、今日獣医さんから電話が・・・・
検査結果の報告でした

結果は



「取り出した脾臓の異常の固まり、そして変化の見られた肝臓の一部ですが、検査の結果異常無しという事です、御安心下さい」

とのことでした

これは主人が受けたので私は直接聞いていないのですが
心配無いという言葉を頂き家族で信じられない程で驚き
同時に
神様はプリンと過ごす時間を又与えてくれたんだ。と思いました
いつもの土手を四季を感じながら又プリンと歩ける
夏には大好きな川で一緒に泳げる
そして寝るときは手を繋いで寝れる
未だ未だずっと続くんだね。
有難う
貴女がいてくれる、それだけで私は幸せです
もっともっと笑顔を増やそうね
もっともっと一緒に過ごそうね。
大事な大事な私達の天使を返してくれて有難うございます


心配してくださった犬仲間の皆さん本当に有難う御座います

これからも元気なプリンの姿をお届けさせて頂きます
本当に有難う

スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト御心配お掛けしましたのトラックバックURL
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
プロフィール

azuki

  • Author:azuki
  • イエローラブぷりんと暮らし始めて12年
    最初は犬育てに大慌てでしたけど、最近はのんびり、ゆったり優しいぷりんの呼吸に合わせて過ごしているはずの我が家
    やんちゃ猫ミルキーに振り回されたり、不思議人間puri-papanの言動に驚かされたり、超天然娘kaorinに笑わせられたりと中々静かに過ごす事は許されないようですね。
    そんな我が家を覗いてみますか?
最近の記事
CopyRight 2006 it's fine day's blog All rights reserved.
Photo material by Art-Flash 加工自由な壁紙と素材 / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。