ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
  スポンサーサイト 
--/--.----:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  クルミとフィグのライ麦ブレッド(ストレート法)  
10/17.Wed11:21

エマまま様から「丸パンのレシピ公表してください」


のお問い合わせを頂いたので、こちらで紹介させて頂きます


丸パンて私が勝手に言ってるだけで、本当はちゃんとしなネーミングあります


何だか忘れたけど(爆)


以下コピーですけど解らない所があったら聞かれても答えられるかどうか?(爆爆)


クルミとフィグのライ麦ブレッド(ストレート法)


◆ストレート法:初めから分量の粉を全て使い、1回のミキシングでパンを作る方法。小麦粉の風味豊かなパンに仕上がります。


・ パン用強力粉  210g
・ ライ麦粉(粉)  90g
・ インスタントドライイースト  6g
・ 三温糖  15g
・ ゲランドの塩 顆粒  4.5g(ちなみに私はアンデスの塩です)
・ ショートニング  15g
・水  204g
・ カリフォルニアクルミ  70g(ローストして適当な大きさに砕く)
・ トルコ産ドライフィグ(白)  6個(1個を4等分にカット)私は更に半分にカット


作り方


1.  ボウルに粉、砂糖、塩、モルト、イーストを入れ、全体をざっと混ぜる。このときイーストは塩と     離れたところに入れる。



2.  水とショートニングを少しずつ加えながら混ぜ合わせる。



3.  ボウルの中で、ひとつにまとめる。



4.  粉気がなくなってきたら台に移し、カードでまとめながらこねる。



5.  まとまってきたら、手のひらで生地を台にこすりつけるようにこねる。最初はベタつくが、徐々に生地に粘りが出てなめらかになってくる。



6.  生地がひとつにまとまって弾力が出てきたら、片手で生地を台にたたきつけ、生地の向きを変えながら、たたんではこねる作業を繰り返す。


 
7.  生地に張りが出てきたら、丸くまとめながら形を整える。



8.  パム(オイルスプレー)を吹いたボウルに生地を入れる。乾燥しないようにラップなどをかけ、30℃で60分発酵させる。【1次発酵】 



9.  1次発酵終了後、生地を軽く押してガスを抜く。再び丸め直したら、20分休ませる。【ベンチタイム】



10.  ベンチタイム終了後、再度手で軽く押さえてガス抜きをし、具材(クルミとドライフィグ)を混ぜ込む。まず押さえた生地の上に具材の半量を全体に散らし、生地を真ん中まで折り、折り返した部分に残りの具材を散らす。まんべんなく混ざるように、生地を台の上で回転させながら、折るようにして具材を混ぜ込んでいく。



11.  発酵かごに強力粉をたっぷりと振る。丸めた生地のとじ目を上にして、生地をかごに入れ、35℃で35~40分発酵させる。【仕上発酵】



12.  生地が約2倍の大きさに膨らんでいれば仕上発酵終了。発酵終了予定時間前にオーブンを250℃で余熱しておく。このとき、天板も一緒に余熱しておく。


 
13.  予熱した天板に生地を置き、十字に切り込み(クープ)を入れる。クープを入れる時は素早く行うこと。



14.  220℃で10分焼成後、190~200℃に温度を下げて20~25分、さらに焼成する。(注意:ご家庭で使用されているオーブンには、それぞれくせがございます。指定の温度、時間でうまく焼けない場合は、時間ではなく、温度の変更をして調整してください。) 


 


DCF_0795.jpg


↑これは胚芽とレーズンで作ってあるので色合いが茶色です

スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

早速に、有り難う~~!

でもね・・・今は、この工程は出来ません!
何故ならば、50肩!手で、コネコネは無理!

だから、、、HBで1次発酵までをやってみるね!
失敗するかもしれないけど、勘弁してね!

アップしてくれて有り難う~!

- from エマまま -
----

■エマまま様
あっ、肩未だ痛かった?大丈夫?
あたしも長い事肘の辺りが痛くて(50肩ではないですけど)捏ねるのが出来なくて、毎回餅つき機で、捏ねてますよ(爆)でもお陰ですっかり治りましたけどね・

エマまま様無理せず楽しんで作ってね★

- from azuki -
   非公開コメント  
スポンサーサイトクルミとフィグのライ麦ブレッド(ストレート法) のトラックバックURL
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
プロフィール

azuki

  • Author:azuki
  • イエローラブぷりんと暮らし始めて12年
    最初は犬育てに大慌てでしたけど、最近はのんびり、ゆったり優しいぷりんの呼吸に合わせて過ごしているはずの我が家
    やんちゃ猫ミルキーに振り回されたり、不思議人間puri-papanの言動に驚かされたり、超天然娘kaorinに笑わせられたりと中々静かに過ごす事は許されないようですね。
    そんな我が家を覗いてみますか?
最近の記事
CopyRight 2006 it's fine day's blog All rights reserved.
Photo material by Art-Flash 加工自由な壁紙と素材 / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。