ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
  スポンサーサイト 
--/--.----:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  耳鼻科へ行く 
09/15.Fri16:45
3日前くらいから右耳が痛み昨日は塞がれたように聞こえなくなってきたので心配になり会社の近くの耳鼻科に行きました。自転車で行ける距離で、以前行った時も空いていて殆ど待たされないので、働く私には仕事途中でも行きやすい。ヤブでもないし、まっいっかぁ~と思い入り口のドアを開ける。受付に誰もいない。お昼休みでもないし・・・受付嬢のいない耳鼻科??診察室ではお年寄りの患者さんと先生が話をしている。受付に問診表があるのでそれを書き保険証を準備して「お願いします♪」と大きな声で言うと先生が
「ちょっと待っててぇ!」と中から答えてきた
どうやら女の子とかはいないようだ。(まっ、いっかぁ~)と雑誌を広げて待つ。患者さんはお年寄り一人のようだけど随分時間が掛かっていた。奥のほうから「いい?これ終わったら、ここのスイッチ切って!解った?」と先生の声・・・ん?患者さんに言っているのか??
暫くして、お年寄りのお婆ちゃんが診察室から腰を曲げて出てきた。続いて受付に先生登場。レジをピッピッと押し
「はい!520円ね」と言ってお金を受け取る。どう見ても一人でやっている・・・昔来たときは女の子2人いたのに・・・


20060915163438.jpg



華のない受付を横目に先生に呼ばれて診察台に・・・椅子に座ると大抵女の子が補助してくれて顔の位置とか微妙に傾けたり、先生の横で手伝ったりするんだけど・・・全て一人で行う先生。
「外耳炎だね。」そういうと丁寧に薬を付けてくれて、奥に促された、そこで椅子に座らされ、赤外線のような光を耳にあてるように言われた。そして「この砂時計が終わったら、白いスイッチ切ってね」といわれた・・何だか可笑しかった・・


診察が終わり受付にはやはり先生が立ち、先ほどのようにレジをピッピッと押し「1450円ね」と言われ2000円出すと、かなり迷って「ええ・・・っとぉ・・・お釣りは・・・???5・・?5??あっ550円か・・どうも間違えやすいなぁ~」と言ってお釣りをくれた。同時に処方箋の紙を渡され近くの薬局を紹介された


薬局といわれた場所に行ってこれまた驚いた。ただの小さな小屋だった(爆)車を道路に留め、中に恐る恐る入ると、かなり年配の女性が白衣を着ながら奥から出てきた。「どうぞ、こちらへ」と言われたが縦長に続く店内は薄暗く、両脇に並ぶガラスケースにはまばらに何時の物か解らない程色あせた薬の箱が隙間をあけて並べられていた。(こんなとこで処方された薬??大丈夫かあたし?)とか思いながらも耳鼻科で貰った処方箋を手渡す。その年配の女性は見た目と違って喋り方はてきぱきとして知的だった。
「今日は保険証持ってます?耳鼻科の先生って処方箋の書き方に間違いが多くてねぇ~困っちゃうのよぉ~」
彼女の言うとおり、私の処方箋は一箇所間違いが発見された(爆)しかし、こんな耳鼻科とこんな薬局の連携プレーを見せられた私って?お笑いの神様かなんか取り付いてる??



20060915164412.jpg


あまりにも受けたので、こっそり撮影しました、ブレてるし・・・


20060915164459.jpg


さぁ貰ってきた薬・・どうするあたし??
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

お薬の名前をちゃんと見てネットででも調べて飲むべし!

- from モモはは -
--飲んじゃったぁ・・・・--

右側のが痒み止めって言ってたからそれだけ飲んでみました。puri-papaとkaorinが私の話しを聞いて
「薬は結構持つよ。2年くらいとか?飲んでみないとわかんないけどねぇ~取り合えづ飲んでみたら?」
とあくまでも実験台・・・痒みは収まりましたから効いたって事だよね。他のは飲まないでおいたから・・・

- from azuki -
----

薬局へ行ったら先ほどの先生が先回りをしていて、薬を出してくれたと云う落ちかな? と思ったが、そこまでは面白く無かったか。 残念。

- from マニラの親父 -
--事実なんですよ--

お笑いじゃぁないから、本当にあった話ですから
でも、こんな風に耳鼻科とか薬局を続けてる人いるんですよねぇ~私も頑張らないと・・

- from azuki -
   非公開コメント  
スポンサーサイト耳鼻科へ行くのトラックバックURL
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
プロフィール

azuki

  • Author:azuki
  • イエローラブぷりんと暮らし始めて12年
    最初は犬育てに大慌てでしたけど、最近はのんびり、ゆったり優しいぷりんの呼吸に合わせて過ごしているはずの我が家
    やんちゃ猫ミルキーに振り回されたり、不思議人間puri-papanの言動に驚かされたり、超天然娘kaorinに笑わせられたりと中々静かに過ごす事は許されないようですね。
    そんな我が家を覗いてみますか?
最近の記事
CopyRight 2006 it's fine day's blog All rights reserved.
Photo material by Art-Flash 加工自由な壁紙と素材 / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。